農協でお金を借りるメリット・デメリット

 農協とは、農業協同組合の略称で、農業に携わっている人達の経済的、社会的地位の向上の為に農業従事者によって作られた組織の事です。農業の指導や、農薬や肥料の共同購入、農産物を共同販売したりする他にも、ローンの貸付や生命保険等も手がけています。
 農協でお金を借りるメリットは、まず限度額以内であれば何回でもお金を借り入れする事ができます。次に、保証人や連帯保証人がいらないので、借金をしている事を他人に知られたくない人や、周りの人に心配や迷惑をかけたくないという人に向いています。さらに、金利が他のローン会社に比べて低く抑えられているので金利手数料が低くてすみます。これは農協は営利団体ではなく、あくまで組合員を助け生活向上を目指している為で安心感もあります。他にもコンビ二でも機械でお金を借りる事ができるので便利ですし、インターネットからも申し込みをする事ができるのも大きなメリットです。しかしネットの申し込みは仮申し込みなので、詳しい契約の手続きなどは実際に店舗へ行ったり、あるいは担当者に来てもらう必要があります。
 一方農協でお金借りるデメリットは、農協の組合員か准組合員以外は利用する事ができないという点です。次に、申し込んでから審査が通るまで時間がかかってしまうという点があります。土日は審査が休みなのではやくても数日、遅いと一週間ほどかかってしまう事もあるため、即日で融資を受けるという事は出来ません。他にも年収が200万円を超えていないと利用する事ができなかったり、ローンによっては地域ごとで受けられないものもあります。全国どこでも同じローンが受けられるというわけではありません。このように審査が他のローン会社に比べて厳しいというのが大きなデメリットですが、それでも農協という信頼できるところからお金を借りる事を望んでいる人は多いです。