シリカ水と水素水の違い

ケイ素の効果

人間の体の約70%は水分といわれていますから、どんな水を摂取するかは本当に大切だといえます。水溶性のケイ素(シリカ水)と水素水はどちらも健康に効果の高い水のようですが、その違いはどこにあるのでしょうか?ケイ素は地球上で酸素の次に多い元素として知られています。ケイ素はミネラルの一つで、私たちの臓器や器官のすべてにケイ素は必要です。ケイ素の主な効果は、カルシウムを吸収して強い丈夫な骨をつくります。骨の形成に不可欠なもので、カルシウムをいくらとってもケイ素がないと骨に吸収されません。さらにコラーゲンの生成を助け、ヒアルロン酸と結び付くことによって美肌効果があります。さらに肌の細胞と細胞を埋める働きによって保湿効果があります。血管の修復や、新陳代謝が活発になる効果もあります。脂肪や悪玉コレステロールを体外に排出するというデトックスやダイエット効果もあります。

ケイ素と水素の共通点と違う点

ケイ素と水素水にはいくつもの共通する部分があります。どちらも年齢が上がるにつれて必要になります。体内のケイ素は年齢と共に減少していきますし、活性酸素を除去する酵素も年齢によって減少していきます。水素もケイ素もあまったら体内に蓄積されずに排出されるという点も共通です。さらに体内からも体外からも吸収できるという共通点もあります。違いはどこにあるかというと、水素水は沸騰すると完全に水素がなくなるのに対して、ケイ素は沸騰しても全く変わりません。さらに水素水は酸素に触れると拡散し、3時間で半分ほどなくなりますが、ケイ素は抜けていくことなくそのままの状態を保ちます。どちらにも良い効果があるためにサーバー選びなどは迷ってしまいますが、一つ言えるのは、どちらも商品を選ぶときにはケイ素、水素ともにしっかり含まれていることを確認しましょう。
水素水最新人気ランキング|効果なし?口コミを徹底調査!はこちら